蜂の巣の退治に重要なこと|ハチの特性と業者選び

作業員

アシナガバチに注意

bee

蜂に刺されると非常に痛く、時には命に関わることもあります。蜂の巣の退治は自分でできる場合もありますが、危険なことが多いので専門の業者に頼むことが一般的といえるでしょう。蜂の巣を退治した後でも、戻り蜂と言われる蜂が戻ってきて、危険な場合もあります。できるだけ巣があった場所にはしばらくは近づかない方がよいでしょう。さらに蜂は退治されても、また同じ場所に蜂の巣を作ってしまうケースもあるようです。これは、アシナガバチによくあるケースだといいます。女王蜂が居なくなっても、どこかで生き残った働き蜂がまた巣を作り出すというのです。もちろん、他のアシナガバチや違う蜂が、同じ場所に巣を作ることもあるでしょう。せっかく退治したのに、しばらくして気がついたらまた蜂の巣ができてるのです。きっと蜂にとって都合が良い場所なのかもしれません。そのため、注意を続ける必要があるのです。そして、再度同じ場所に蜂の巣ができた場合は、慣れの感覚が出て、放置してしまうことがあるかもしれません。しかし、それが命取りになることもあります。必ず見つけたらすぐに専門の業者に連絡するなど対応をするようにしましょう。たとえアシナガバチでもアナフィラキシーショックによる死亡事故が発生しています。過去に一度でもアシナガバチに刺された経験がある人や、アレルギーがある人などは、特に注意をすることが需要です。アシナガバチの見た目は小さめで、細いです。毒性は比較的弱いですが、刺されると、非常に痛いといいます。