蜂の巣の退治に重要なこと|ハチの特性と業者選び

作業員

スズメバチの特徴

man and woman

自宅や倉庫など、蜂の巣ができていることを発見したら、速やかに蜂の巣の退治をすることが重要です。蜂の巣があるということは、蜂に刺される危険性が増大するということで、人間にとって命の危険が脅かされる事態なのです。蜂の中でも特に危険だといわれるのがスズメバチです。毒性が強く、スズメバチに刺されたことで死亡する事件や事故が、1年に数十件は発生しているといいます。スズメバチの蜂の巣を発見した場合は、素人の判断で退治するは大変危険だと考えられます。なぜなら、スズメバチの蜂の巣の退治に必要な知識や、専用の道具なども持たずに行うことは、ある意味自殺行為とも言えかねません。それくらいスズメバチは凶暴でその毒の致死性は高いのです。しかし、スズメバチを退治するスペシャリストがいます。専門の業者にいち早く連絡をして、退治してもらいましょう。ある業者では全国一律価格で、13000円からで利用できるようです。命の値段と引き換えれば、安い料金だといえます。1匹からの退治も可能なので、蜂の巣がなくてもスズメバチをよく見かけて不安なときなどは、業者に相談してみましょう。時間が経てば経つほど巣は大きくなり危険です。早めの対応が非常に重要だといえるでしょう。スズメバチの特徴を覚えることも大切です。まず見た目は大きく、攻撃性が高いのが特徴です。刺すのはメスのみで、巣に近づく者に対して攻撃してきます。春から秋にかけて活動的に動くので、比較的長い期間注意する必要がありますが、特に繁殖期の秋が危険だといえるでしょう。